未分類

【ご報告】ギリホリに行くことを辞めました。

セブ島での留学を終えて、今はタイバンコクでブログを書いています。

本当は今頃、オーストラリアでワーホリ中の予定でした。笑

 

30歳の1年は、

「今しか出来ないこと、やったことが無いことに挑戦する」

と決意し、大学卒業から8年働いた会社を辞めて、オーストラリアへギリホリへ、、!

 

と意気込んでたのですが、、、、考えが変わってしまいギリホリに行くのを辞めました。笑

きっかけは、最初に行ったセブ留学で、色々な国の色んな世代の人たちに会い、様々な考えに触れたことです。

特に大きな理由は、セブ島のIT留学でデザインやプログラミングを学んで、Webデザインをもっと勉強したいと思ったこと。

 

人が変わるのは、

  • 「場所」
  • 「時間」
  • 「人」

と聞いたことがありますが、まんまとその通りに変わりました。

「英語の勉強」に関しては、アジア圏の他の国の人の英語を聞いたりしているうちに、

文法がおかしくても、気持ちや言いたいことが伝われば、それでいいかなーと思ってしまったのもワーホリ熱が冷めてしまった原因の1つです。笑

公用語が英語ではないバンコクでは、ジャパニッシュでも割と普通にコミュニケーションが取れてます。

 

ただ、「ワーホリビザは、31歳までの限定切符」なので、行けるチャンスだし行くべきかな、とも悩みました。

それでそれでまた違った新しい経験が出来たと思います。

「やっぱりワーホリに行きたい!」となっても私の場合、次回はタイムオーバーです。

 

でも私の場合、「今やりたいこと」1つに注力しよう。と思った次第です。

新しい冒険ではなく、少し堅実な道を選んだかもしれません。

 

でも人それぞれ、考えや価値観、タイムラインは違うので、あなたが今「行きたい」ならば行くべきだとは思います!

年齢や仕事は関係なく、思いの大きさ、タイミングかなと。

私もまた行きたいタイミングが来れば、「海外就職」や「親子留学」とかも視野に入れるかもしれません。笑

余談ですが、

先日、後回しにしていた、年金や税金の手続きをしに役所に行ったり、ハローワークに失業保険の手続きに行ったら、知らないことだらけで

改めて、「私30歳まで省エネで生きてたなぁ」と悟りました。。

「私の省エネ歴」

  1. 高校受験は、家の目の前にあった高校の偏差値に合わせて、「受験勉強をセーブ」
  2. 大学受験は、就職率がよくて、面接受けが良さそうという理由で「女子大へ入学」
  3. 親戚家族が喜ぶという理由で、「教員免許を取る」
  4. 会社は、「実家から通える範囲」「始業時間が9時以降」「私服OK」という条件で選ぶ

効率的というか、全く「自分が何をしたいか」が無かったですね。。

そんな私も、30歳を目前に色々と考えはじめ、

一歩踏み出して8年勤めた会社を退職し、短期間ですが、海外で色んな経験が出来たことで、少し前に進めた気がします。

「自分が好きなこと」や「やりたいこと」「求められること」が明確になりました。

 

そして、今は少しの間、自分でWebの仕事をしながら、大好きなタイのバンコクでプチ移住生活も経験出来ています。

タイには「ワーホリビザ」が無いですが、最大3ヶ月間滞在できるので、ある意味「勝手にワーキングホリデー」です。

 

また、有り難いことに働いてみたいと思えた会社への就職も決まったので、来年は日本でまた新しいWeb制作の仕事(未経験職)に挑戦してみます。

 

 

以上、誰も必要としていないであろう現状報告でした。

 

では、また。

three she

Translate »