CEBU留学

セブ島留学の費用いくらかかる?【2週間留学】|私が実際使った費用

セブ島留学費用

この記事では、私の「2週間のセブ留学で掛かった留学費用」について、詳しくまとめました。

  • 「2週間留学の費用ってどれくらいかかるんだろう?」
  • 「滞在中にはどれくらい費用が必要?」

など費用が気になる方は、是非、セブ留学準備の参考にしてくださいね

セブ島留学費用・内訳(2週間)

●セブ留学|2週間
「学校/セブブルーオーシャンアカデミー(GENERAL ESLコース)の場合」

日本で支払った費用
入学金 15,000円
学費 109,850円
学校の割引キャンペーン -5,000円 申込時に、たまたま学校がキャンペーンをしていました
空港出迎えサービス 個人移動のため、利用せず ※利用した場合=1600円〜2000円
海外旅行保険 カード付帯保険でカバー
航空券 30,000円
=149,850円
留学中に現地で支払った費用
食費 毎日3食付きの為ほぼ無し
水・電気代 2,000円 メーター精算
教材費 3,000円
SSP費用 14,000円 特別就学許可書
滞在延長ビザ (6,000円) 通常1ヶ月以内の留学の場合は、必要なし
学生IDカード 500円
洗濯代 400円 洗濯+乾燥=1回200円
滞在費 8,000円 移動費、休日のレジャー費,お土産など
帰国時に空港で支払う空港税 1,700円 850ペソ(※2019年5月時点)
35,600円
合計 185,450円
また、航空券を「往復¥30,000」とかなり安く抑えた方法についてはあとで書いています。

ほとんどのセブ島の留学学校では、水・電気代・教科書代などの現地支払いが必要です。

私は、水・電気代+教科書代=(約5,000円)を現金(ペソ)で支払いました

フィリピンの滞在ビザは30日以内の場合は不要です。私は転校して1ヶ月以上滞在していたので、約6,000円の支払いが必要でした。
出国時に必要な空港税について

マクタン空港では、国際線の出国時に空港税を支払わなくてはなりません。
(※マニラ経由の場合は不要)

空港税=850ペソ(2019年5月時点)

私の時は現金orクレジットカード払いで、カードはVISAオンリーでした。

セブ留学|食費について

留学費用2週間

私の学校は、毎日・3食付きだったので食費はほとんど掛かりませんでした。

学校によっては、土日は2食などのところもあるので、確認しておいた方がいいポイントです。

週末には、留学生同士で外食に出かけることもありました。

フィリピンの物価は日本の1/3と言われ、外食でも日本に比べるとかなり安く済みます。

【食費の参考】

  • コンビニの500mlコーラ・・・30ペソ(60円)
  • ローカル食堂・・・80ペソ(160円)〜
  • 綺麗なレストラン・・・400ペソ(800円)〜
  • おしゃれなカフェ・・・100ペソ(200円)〜
    (※1ペソ=2円換算の場合)

セブ留学|ビザ費用


1ヶ月以内のビザ費用の目安は「約1万5千円」です。 

これは2週間留学でも1ヶ月留学でも変わりません。

セブ留学では、必ず取得必要なビザとして
「①SSP」「②ACR I-Card」「③滞在ビザ」の3種類があります。

それぞれがどういったものか、下記に簡単にまとめました。

  1. SSP費用(14,000円)

    SSP(Special Study Permit)とは「就学許可証」のことです。留学生は必ず取得する義務があります。
    学校の代行手数料を含め、6,500ペソ(13,000円〜15,000円)が相場です。

  2. ACR I-Card(0円)

    ACR I-Card(Alien Certificate of Registration Identity-Card)とは「外国人登録証」のことです。
    滞在期間が59日〜(2ヶ月)を超える場合のみ、取得が必要です。

  3. 滞在ビザ(0円)

    フィリピンでは、「30日間」までは観光ビザ(事前手続き不要)での滞在が許可されています。そのため1ヶ月の留学の場合、滞在ビザ費用はかかりません。

※ビザ費用は、申請時のレートによって変動します。

ビザ費用は、現地での現金(ペソ)支払いです。

自分のビザ代目安を確認し、少し多めに現金を持っていくことをおすすめします。

セブ留学|滞在費について

セブ島留学費用2週間2週間留学の場合は、週末が2回しか無いので観光する時間は限られます。

お土産探しやショッピングであれば、セブの2大ショッピングモールである、SMモールアヤラモールに行けば何でも揃います。
どちらもかなり広いので、1日中いても飽きません!

その他の観光・アクティビティの費用(目安)

  • ダイビングやマリンスポーツ
    ・アイランドホッピング 3,000円〜
    ・スキューバダイビング 1本 4,000円〜
  • 高級スパやマッサージ
    ・高級スパ(2時間半) 13,000円〜
    ・街中のマッサージ(1時間) 600円〜
  • リゾートホテル
    ・ホテルプールやブッフェが利用できるホテルデイユース 5,000円〜

高級スパやリゾートホテルのデイユースはクレジットカードが使えますが、現地のツアー会社を利用したダイビングやマリンスポーツなどは現金のみしか受けてくれない場合もあります。

セブ留学|現地で必要な現金

セブ島留学の費用2週間留学であれば、現金は、

SSPビザ代=1万5千円
水+電気代・教材費・空港税など現地支払い費=8千円
お小遣い=2万円

計「約5〜6万円」ほどあれば、大丈夫です。

全額換金してしまって、帰国後、空港〜自宅までの日本円が無い!とならないようにしてください。(私の事です。。笑)

セブ留学|クレジットカードについて

クレジットカードは紛失や読み込みエラーに備えて、2枚以上持っておくことをおすすめします。

セブ島では、タクシーや露店、食堂などではほとんどの場合使えず、クレジットカードが使えるところは意外と限られています。

フィリピンでは、ATMキャッシング時に、「クレジットカードカードが吸い込まれてしまう」という機械トラブルが結構あります。ATMを使う前に、実際に、現地の日本の留学生が使っているようなATMの場所を教えてもらうのが安心です。

セブ留学|費用節約のコツ

セブ島留学の費用

私が「航空券」「海外保険」を節約した方法をご紹介します。

①航空券を節約する方法

セブ島へ安く行ける航空会社は「成田」から直行便があるLCC「セブ・パシフィック」が有名です。

経由地を第3国にして節約!

ただ、「関空」発の場合は、直行便が無いため、乗り継ぎが必要です。

その為、私は関空から成田やマニラ経由ではなく、「韓国・仁川」経由にすることで安く抑えました。

安い便の場合、到着時間が早朝だったり、乗り継ぎが悪い場合が多いです。私も乗り継ぎ時間が半日あったのですが、そこは割り切って外へ出てソウル観光を楽しみました。笑 トランジットが苦痛で無い方にはおすすめの方法です
乗り継ぎや格安航空券検索は、「スカイスキャナー」で調べるのがおすすめです!
マイルを使って節約!

さらに、「関空〜仁川」線は、私が持っていたデルタカードのスカイマイルが使えたので、デルタ航空と提携している大韓航空で、マイルを利用しました。

留学先の路線や経由地に、自分の持っているクレジットカードのマイルが使えないか一度チェックしてみるのもおすすめです。

②海外保険はクレジットカード付帯でカバー

3ヶ月以内の留学であればクレジットカード付帯の海外保険を利用することで、海外保険料を0円に節約出来ます。

私は実際、保険を使うことはありませんでしたが、楽天カードで航空券の支払いをしたので楽天カードの利用付帯保険でカバーしました。

また年会費無料の「エポスカード」も作っておくことをおすすめします。

「エポスカード」は使わなくても、カードを持っているだけで海外保険が適用される高待遇なので、持っておいて損はないです。

セブ留学|2週間留学の費用まとめ

セブ留学で、実際に現地で使う費用は、

  • 「現地でどれくらい観光やアクティビティ」をするか

で個人差が出ます。

私の場合は、現金は「5〜6万円」あれば十分でした。

私は「平日は、がっつり勉強に集中しながら、週末のうち1日は観光やグルメも楽しむ」というスタイルで過ごしていました。

また、留学期間を有益に過ごす一番のコツは「早めに現地の生活に慣れる事」です!

このブログでは、私の「留学準備」や「留学中困ったこと」なども更新しています。

ぜひ他の記事も参考にしてくださいね!

セブ留学|持ち物リストこれで完璧!【はじめての留学・女子向け】セブ島留学に何を持っていけばいいのか悩んでいませんか?女子向けに初めての留学の持ち物リストを「必需品」 「持っていってよかった物」 「現地で買える物」別で、詳しくまとめました。これだけ読めば留学持ち物リストは間違いなし!これから準備をする方は活用してくださいね。...